kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@鎖骨開放骨折治療中

cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2019年9月に落車で左鎖骨骨折し、ロードバイク自粛中

鎖骨骨折の手術の記録 2019年9月18日手術成功しました(入院期間は3泊4日)

カッパです。

 

先日の落車で開放骨折してしまった左鎖骨のプレート固定手術が無事終わりました。

 

落車時のことはこちらに書いてあります。

 

入院期間は4日間、手術時間は90分ほどでした。

 

 

 

 

術前検査 9月13日(金)外来受診

10時から12時までみっちりと検査。

 

全身麻酔下での手術となるので、検査項目が多い。

・採血

・検尿

・心電図

・肺活量

・お薬調べ(今飲んでいる薬の確認)

 

検査が終わってから手術の説明と同意書にサイン。

 

まれに死んだり後遺症が残ったりするなどのリスク説明を聞くと、(確率が低いとはいえ)怖かったです。

カッパは開放骨折なので、骨髄炎のリスク(骨の中が炎症を起こしてしまう)もそこそこあるとのこと。

入院 9月17日(火)

12時病院着、麻酔科の受診と麻酔の同意書にサイン。

病棟には13時ごろ着。

看護師さんにフロア案内してもらってひと段落。

お昼からごはんが出るので、ご飯を頂きます。

 

で、食後にうれしいサプライズ。!

 

どうやら部屋がいっぱいらしくてタダで!!個室(トイレ・シャワー付き)に移れることになりました。

f:id:itdanshi:20191005223845j:plain

トイレ・シャワー付き個室

昼食後は暇になったので、テレビをつけてみる。

 

去年できたばかりの病院で、テレビはGoogle入ってるスマートテレビ!!でした。

 

J Sportsブエルタのおさらいをしてすごします。

21時以降は絶食。

 

全身麻酔での手術3回目ですが、今回は下剤も浣腸もなしでした。

 

手術当日 9月18日(水)

手術予定は午後イチの12時からでしたが、前の手術が早く終わったとのことで11時半ごろから手術室へ。

 

手術前に、病室で

 

「うっ血防止靴下」

「T字帯(手術用の紙のふんどしのようなオムツ)」

「手術着(浴衣みたいなふく)」

に着替え、歩いて手術室へ向かいます。

 

  1. 手術室で、名前と手術する部位(今回は左鎖骨)を聞かれます。
  2. 手術室では手術台に移って、点滴をさしてもらい、酸素モニター、血圧計など装着。
  3. 主治医の先生があいさつしてくれて、その後に吸入マスク装着。
  4. マスクから麻酔が出てきてすぐに意識がなくなりました。

意識が戻ると、そこは病室。

10センチほど切っているので、痛いです。

痛みで左手を動かすことができません。痛み止めは点滴から入っているとのことですが、痛いです。

 

で、チンチンには管がはいってて、トイレに行くこともなく、この日はベッド上でただただ痛みに耐えて過ごすだけです。

 

ごはんは出ません(もし出たとしても痛くて食べれません)

 

痛みにただただ耐えて翌日になるのを待ちます。

 

手術後から微熱が続き、体がだるい感じが続きます。

(37.6~37.8度前後)

 

開放骨折なので、朝夕2回、点滴から抗生剤を入れています。

f:id:itdanshi:20191008232635j:plain

点滴中です。

9月19日(木) 手術後1日目

7時ごろに目覚める。

今日も微熱が続いています。37.6度

朝ごはんが出ます。

食パンとヨーグルトとサラダだったかな?

普通に食べれました。

朝食後に看護師さんがチンチンから管を抜いてくれて、トイレも再開です。

 

一日たつと痛みもだいぶ引いてきました。

 

で、残念ながら、個室使用はここまで、

また大部屋に戻ることに。。。。

 

お昼過ぎに主治医の先生病室に来てくれて、手術後の説明をしてくれました。

 

  • プレートで固定してるけど、負荷がかかると曲がったり取れたりしてしまってやり直しになる。あくまでもプレートは骨の形を整えるもので、支える力はない。
  • あと、3か月間は左腕(ようは折れたほう)は水平(90度)までしか上げたらダメ。

痛みもましになったので、改めて手術した傷口を見てみます。

f:id:itdanshi:20191008233929j:plain

血がにじんでいていたいたしい。。。

 

先生が帰ってしまったら、何もやることない。

あとはテレビでブエルタ見て過ごす。

 

この日も朝夕と2回の点滴(抗生剤)

 

痛み止めは頓服でロキソニンが出ています。(1回1錠を胃薬と一緒に服用)

 

退院日 9月20日(金)

朝から微熱37.6度

朝食後に点滴一本やったらついに点滴の針を抜いてもらえました。

(残念ながら、抜いてもらったのは針だけでした。。。)

 

あとは荷物まとめて、外出着に着替えてお会計するだけ。

 

まとめ

今回の手術は、左鎖骨開放骨折の骨折箇所(骨幹部)のプレート固定術でした。

 

手術の前後あわせて入院期間は3泊4日でした。(前日入院)

 

10センチほどの傷ですが、手術した日の夜は痛くてあまり寝れませんでした。

 

ちなみに、カッパは手術当時43歳です。

 

手術後の注意点 

左腕を水平まで上げるのはいいが、左手(要は鎖骨が折れている側)でものを持ち上げたりつかんだりはダメとのこと。

 

プレートに負荷がかかってずれてしまったらそのままずれるし、プレートが外れたら再手術だそうな、、、、

 

全治までの期間

 3か月後

3か月後にレントゲンとって、結果次第で左腕をまっすぐ上まで上げてもよくなります。(ただ、やっぱりものを持ったりつかんだりはダメ)

6か月後 

6か月後にレントゲンとって、大丈夫なら軽いものは持ち上げてもいいそうです。

 1年後

で、1年後に骨がくっついてれば、プレート外すために再手術、で、1,2か月後に完全に治るとのこと。。。。

 

全治1年って、、、長いなぁ。