🎰

kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

ロードバイク 最高の一台(カッパにとって)

カッパです。

あと半月でロードバイク再開できるので、いまからワクワクしています。

で、暇な時間に、もし、お金の制限なくなんでもほしいロードバイク買っても良い状況になったら、カッパなら何買うんだろう?と、考えてみました。

 

買うんだったら写真のこいつ、ピナレロのドグマF10ですね。

f:id:itdanshi:20190311152304j:plain

Pnarello DOGMA

 

 以前、究極のフレームについて考えてみた記事がるので、こちらに貼っておきます。

いまは、エアロモデルが一番って結論になりました。

究極のフレーム ≒ エアロフレーム - kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

で、今回のお題、

お金の制限がなかったら、カッパはどのロードバイクを買うのか?

Pinarello DOGMA 

近年、ツールはsky無双状態が続いています。もちろん選手の能力があってのことですが、機材でskyを支えているのがイタリアのメーカー、ピナレロです。

PINARELLO JAPAN | ピナレロジャパン オフィシャルサイト

2012,2013,2015,2016,2017,2018年

と、2014年にフルームが落車でリタイアした年を除いて7年間で6度の総合優勝をしています。

 

エアロ全盛の現代でも、エアロ特化のフレームではなく、万能型でエアロ形状と取り入れているところと、メンテナンス性や実用面を重視した設計にも好感が持てます。

ただ、高いですけど。。。

エアロ効果

エアロ形状にする際に、フレーム単体での空力性能でなく、ボトルを取り付けた状態での空力性能を調べている点に交換が持てます。

見た目もエアロっていう感じはうすくかんじます。

メンテナンス性

BBがイタリアン規格(ネジ切り)なので、音鳴りのリスク少なく、BB取り外しのときにハンマーでたたかなくてよいのも精神衛生上よろしいですね。

ワイヤー類は内蔵なので、取り換え面倒でしょうけど、これは今のフレームはハイエンドモデルはほぼフレーム内蔵式なのでしょうがないですね。

 

なんだかんだで、強い選手やチームが乗ってるロードバイクが一番欲しいなんて、カッパもただのミーハーでした。。。。(汗