🎰

kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

パワーメーター(カッパへの)最終回答 Power Pod

カッパです。

椎間板ヘルニアの手術後でロードバイクお休みして療養しています。

でも、ネットではロードバイクのことばかり見て回る日々。

 

で、何気なくパワーメーターいろいろ見てたら、とっても良さそうなのがあるじゃないですか!!

 

PowerPod Powermeter V2

f:id:itdanshi:20190211182920j:plain

PowerPod

 

破格の3万円アンダー

www.probikekit.jp

2019年2月11日現在 ProBikeKit で 27,221円です。

単純にカッパのお小遣いで買えそうなパワーメーターがこれしかなかったってだけなんですが。ちょっと調べてみたら、安いだけでなく、他にもメリットありそー


Introducing PowerPod

取り付けカンタン

パワーメーターの取り付け方法はいろいろとあります。

  • クランクアーム型 これが一番メジャーかな? STAGES/Pioneer/4iiii/shimano
  • ペダル型 ガーミンのベクターやパワータップのやつ
  • ホイールのハブ型 パワータップ

で、取り付けがどれも難しい。

 

クランクアーム型

カッパは自分でクランク外したことがないので、取り付けするなら自転車屋さんへ行かねば。

で、海外通販で買ったものなんかだと、工賃いっぱいかかるし、国内の正規品だと、ただただ高い。

Pioneerのパワーメーターは、取り付けをPioneerがするらしく、一旦クランクをわざわざPioneerに送って取り付けてもらうんだとか。 これは大変。

 

ペダル型

結構手軽そうに思えますね。

でも、ガーミンのベクターは取り付けのトルク管理がシビアで難易度が高いらしい。

パワータップはポン付けで行けるみたいです。(耐久性が低いというネットでの評価)

ハブ型

ホイール交換するだけなので簡単だが、レースに使うホイールに使うには、ホイールを組んでもらわなければなりません。これもハードル高いぞ。

 

ハンドル取り付け型

今日取り上げるPowerPod」

なんと、ハンドルに取り付けるだけ(ant+でサイコン、スピードケイデンスセンサーに接続は必要)。これはすごい。

肝心のパワーの正確性ですが、これも結構正確らしいっていうからイイ。

使い回し

取り付けが楽ってことは、ロードバイクが2台でも、パワーメーター1個で済みます。これは経済的。

シリアスなレーサーの方はロードバイクだけでなくパワーメーターも複数台持ってる方が多いし。これはアドバンテージですね。

弱点

ローラー台では使えなさそうです。

風、勾配、ケイデンス、スピードなどからパワーを計算する方式のなので、ローラーでのトレーニングには使えません。これって結構おっきいかな。