kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

椎間板ヘルニア 発症から診断まで

カッパです。

昨年(2018年)12月より、ロードバイク自粛してはや2か月。2019年の1月9日にヘルニア切除オペをして、今は療養中です。

で、椎間板ヘルニアの発症と、診断が下るまでのまとめ。

 

 違和感

2018年の5月ごろより、椅子に座るとお尻の骨が痛い。常にではなく、痛いときがあったり、何ともなかったり。

鋭いチクチクするような痛み(坐骨神経痛というらしい)何だろうか?立ったり歩いたりしてる時には痛みは全くない。

診断その1

6月に入る。椅子に座ると、毎回痛みがでる。椅子に座った時だけ。

長時間(30分以上)座るのが苦痛なほど痛みが強くなっている。

 

これじゃあ、日常生活に支障が出るし、なんだか気になるし。。。

 

近所の整形外科のクリニック受診。レントゲンも撮ってもらい、診断されました。

「脊柱管狭窄症からの坐骨神経痛」背骨の下の方(腰椎が曲がっていて、神経を圧迫しているそうな。。。)

先生が言うのなら、そうなのかも。。。?

 

鎮痛の湿布と、電気治療・牽引(マッサージチェアのようなものに座り、わきの下から上体を持ち上げて、腰を伸ばす)にて治療開始。

真面目に通うが、通えど通えど、まったく改善されません。。。

診断その2

そもそも脊柱菅狭窄症だったらもっと違った症状じゃないのか?という疑問もあり、翌週に近所の整骨院を2件はしご下が、どうも、何かの圧迫かな?程度であんまりわかりません。

 

日に日に痛みが強くなり、かがんだり、腰を曲げ伸ばしした時にも痛みが出だす。お尻の骨(座骨)だけでなく、太ももの裏のほうまで痛み出す。

 

椎間板ヘルニア 

7月に入っても症状変わらずどころか悪化していたので、もっと大きな病院受診。

今度はレントゲンとMRIも撮ってもらう。

7月の21にちにMRIの撮影をしてもらい、「腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

 

バッチリMRIにも映ってます。この赤丸のなかで、黒く出っ張ってるのがヘルニアです。

で、この出っ張りが後ろにある神経を押して(圧迫)痛みが出てるとのこと。

しっかりと診断されて気持ちはスッキリ!!

f:id:itdanshi:20190207235452j:plain

腰椎椎間板ヘルニア MRI 画像

治療方法 

治療方法としては、以下の選択肢を示されました。

  • 痛み止めを飲んで、なにもしない(保存的治療)をすれば、自然とヘルニアの出っ張りが吸収されて治る、かもしれない。
  • 痛みが我慢できないくらいひどかったら、神経ブロック注射で痛みをブロック、で、なにもしない(保存的治療)そしたら、出っ張りが吸収されて治る、かもしれない
  • 手術で切り取る。(神経を押している出っ張りを取ったら、痛みがなくなる)

とのこと。

 

このときは、痛み止め(ロキソニン)を飲んだら痛みを全く感じなくなる状態だったのと、ドクターが、

「若いし、吸収されると思うよ。」

と言ってくれたのもあって、ひとまず痛み止め(ロキソニン)を1ヶ月分処方してもらい、保存的治療(痛み止め)飲むだけでなにもしない。

をして過ごす。

 

原因として、仕事(介護)やスポーツ(ロードバイク)などは全く関係なくて、人それぞれでなる人はなるし、ならない人はならないから、今までどおりの生活でいいですよとのこと。

 

このときは、まだまだ深刻に考えていませんでした。。。

 

結局後日、違うドクターの勧めでヘルニアの切除手術を受けることにしました。

www.kappalife.club