kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

フレームの素材 アルミ / カーボン

プロのロードレースでアルミフレーム!!

 

サイックルロードレース2019年 ワールドツアー開幕レースの ツアーダウンアンダー
前哨戦のツアーダウンアンダークラシックというクリテリウムのレースで、ペテル・サガン(ボーラハンスグローエ)の乗ったバイクがこちら


車名が「”Allez ”Sprint Disc」なので、フレームの素材は、なんとアルミです!!
Allezはスペシャライズドのアルミフレームのシリーズ名ですからね。

で、レースはゴールスプリントで競って2位フィニッシュ!!
ツアーダウンアンダークラシック結果

アルミでも戦える。そうなんです。カッパもアルミとカーボン両方持ってるので、わかりますよ。うん。

速さに差はない?


カッパの愛車も、アルミとカーボン、だいたい同年代のフラッグシップモデルです。

カーボンフレーム anchor RHM9(2006年式)


アルミフレーム cannondale CAAD5(2004年式)


短時間のトレーニングをアルミのCAAD5でやることもあるが、速さに限って言えば、差はほとんどないです。
実際近所の丘でのヒルクライムリピートでも、タイムほぼ一緒でした。

イーストヒルズ

でも、乗るなら断然カーボンフレームですよ。

たとえ速さが同じでも。

快適・楽しい・疲れない


速さは同じでも、トレーニング中の苦しみは、アルミのほうが2割増しに感じます。
これは、フレーム素材の違いで、アルミは細かい振動をカットできず、身体に伝えてしまうからだと思われます。

1時間程度のレースなら振動からの疲労があってもしれてるけど、2時間を超えるレースや、石畳、山岳などがあるとアルミではキツいでしょうね。
趣味で乗ってるので、快適に乗れるってのは、とても重要な点ですね。