kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

サイクルモード大阪 2018

カッパの節約ロードバイクライフ。 今回は初参加したサイクルモード大阪について。

サイクルイベント参加初参加だったが、とても楽しめたし参考になる事の多いイベントだった。

物販


物販での投げ売りの商品を格安でゲットできた 格安でゲットしたのは以下の2点。

  • ドイター ロードワン 2,000円


  • ノースウェーブハーフフィンガーグローブ 1,000円
    イマドキなエアロモデル


試乗


試乗出来たのは、

  • カンパニョーロのアルミホイール最高峰、シャマルミレ(コーラスフルコンポ、フレームはイタリアの聞いたとこないメーカーだった。)


  • グエルチョッティのフラッグシップモデル(デュラエースフルコンポ + C24)


  • ルノーのフォールディングバイク


試乗コースは全長2.2kmあるが、混み混みで速度出せないのとポジション合わせられないので、まあ、フレームとかホイールの良し悪しとか分からんわな。

 ただ、ギアチェンジの違いはすっごく分かって、
カンパニョーロはヤッパリ握りやすいし、ウルトラシフトはとってもハッピー!多段チェンジ要らんと思ってたが、やりだしたら楽しくてずっとガチャガチャギアチェンジしてた。

 一方、シマノデュラエースは、シマノがスムーズのひと言。

楽しいのはヤッパリカンパニョーロかな(速さは変わらんと思う)

あと、個人的にとっても気になっていた折りたたみ小径車、中でも軽くて有名なルノーが有ったので試乗。
輪行とかで旅に連れて行けば行動範囲も広がるし。。。と思ったが、コレはちょっと長距離走行は無理だろう。

  • フラットバーハンドルでポジション変えれず
  • ハンドル位置は遠くも近くも出来ない(フレームワンサイズ)
  • 車輪が小さいので巡航時も結構漕ぎ続けなあかん感じ。

ガチでフレーム選ぶなら、ショップの試乗会の方が良いでしょうね。サイクルモードの試乗だけで選ぶのは難しい印象。

その後イロイロブース巡りし、カタログなどももらって帰路につくのであった。

当日のカッパの出で立ち


下 ビブニッカー

上 パールイズミのアンダー、長袖ジャージ(薄手)、ジレ。

寒くなったとき用のウィンドブレーカー(安物で透湿しないのですぐ蒸れる)をバックパックに詰め込んで行く。 6℃〜15℃くらいで陽射しありの天候で、ウィンドブレーカー要らずだった。

シューズはロードのSPD-SLにクリートカバーで。換えのスニーカーはかさばるので持っていかず。会場は芝生なので、クリートカバーしてればビンディングシューズでオッケー。