kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

「日本国債」幸田真音

カッパ(kappa)の節約ロードバイクライフ、今回は、ロードバイクネタではありません。
個人インデックス投資家として参考になった本を読んだので、その感想など。

「日本国債(上・下)」幸田真音講談社文庫)




(あらすじなど)

引き込まれる導入部、国債の入札時のディーリングルームのディティールが鳥肌もの、そして、遂に起こった国債の未達!!

取材裏打ちされているであろう、細かい描写で、国債の入札とその周りの状況がとても臨場感を持って読者に迫る。
とくに未達の発生前後の描写は手に汗握る。

後半の種明かし以降はかなりの尻すぼみに感じたが、前半ハラハラさせてもらったので良し。

これまでずっと知りたかった国債が暴落した場合の市場と、実体経済への影響がとてもリアルに感じられ、まあ、そういう感じかーって受け止めれた(本書がフィクションのため、著者も書けたんでしょう)

市場への影響


日本株市場の急落、円安、日本国債安、のトリプル安(最近のマスコミは、こればっか)

カッパの投資戦略との関係

カッパは全世界の市場に分散投資してるので、円安になった分、むしろ実質資産は増えるんじゃないかと妄想が膨らむ。
日本国債の暴落で長期金利が急上昇すれば、住宅ローン破産する人が出てくるだろーし、不動産への需要も減るだろうから、バーゲン価格で自宅を買うチャンスもあるかも?(基本、賃貸暮らし予定だが、バーゲンでなら買っても良いかも?)

実態経済への影響


感覚としては、バブル崩壊時の拓銀山一證券の破綻のときの景気後退と株安に近いのかな。。。

当事者はとても大変だろうけど、まあ、世間一般は、ああ、不景気かぁ、みたいな。

実際、この本の出版が2003年、現在2017年、日本国債は未だバブル状態で残高は積み上がり続けている。日銀の総裁が黒田氏になってから、日銀が直接引き受けてんじゃねーかってくらいだが。。。

日本の債券市場特殊性もよく分かる良書であった。