kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

anchor RHM9 がkappa家にやってきた!!

フルカーボン カンパニョーロコンポ への道


ロードバイクにハマって2年弱、当初はいかに安く楽しむかをコンセプトにロードバイクライフを送っていたkappaだが、近所に十三峠やら葡萄坂やらがある環境がそうさせたのか、はたまた元々の好みなのか、ヒルクライムにとっぷりハマり、ここ1年は毎週のように葡萄坂か十三峠など、生駒山脈系の峠に通う日々。
最初の一台は、初心者ならアルミでしょ~、アルミといえばcannondaleでしょ~、ってことで選んだcannondale CAAD5 (ケチってヤフオクで中古車をゲット。、)
ロードにハマるうち、ヤッパフルカーボンっでしょ!!、ってことでヤフオク!をちらちらチェックしてると、良さげな完成車を見つけて誘惑に負けてポチり。ロードバイクの中毒症状、一人でロード2台持ちの泥沼にはまる。

フレームはanchor RHM9


2台目選定の基準は、

  • フレームはフルカーボン
  • ブレーキとシフトワイヤーは外通し
  • BBの規格はJIS
  • ホイールはアルテグラグレード以上

探してみると、最近のフレームはほとんどがワイヤーがフレーム内臓式、BBは圧入式ばかりでなかなかいいのないので、またまた古いモデルになったが、ドンピシャの一台を発見!!

ホイールもマビックのキシリウムエキップSアルテグラと同グレードなのも決め手に。

ただ、コンポがシマノではなくてカンパニョーロってのが少しどうかな?っておもったが、ロード乗りたるもの、カンパを乗らずしてどうする?っと自己説得し、初のカンパニョーロコンポをゲット。

ちょっとエアロっぽい形状がまた良いですな。