kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

COSINE TI ロードサドル インプレ

wiggle COSINE TI ロードサドル


wiggleプライベートブランドCOSINEのサドルを使ってみて。これって普通に万能サドルとしてあり。

特徴は、滑りにくい表面加工がしてあり、ペダリング中にお尻が滑らない。
座れる位置が前後に2~3cmほどあり、必要に応じてお尻の位置を変えれる。
固めのクッションでペダリングの邪魔されない。
中央に穴や溝がないので、それがないとだめな人には合わない。

それぞれのシチュエーション別レビュー

  • ヒルクライム
    勾配に合わせてお尻の位置を変えれるのでよい。急勾配なら前のり、ダウンヒルなら腰を引いてもサドルの後ろに引っかからない。
  • ロングライド
    カフカではないが、サドル自身もしなるし、ちょっとお尻の位置をずらしたりできるので、いままでで一番お尻に優しい。


いままでの使用サドル歴

    • 完成車についてたサドル Fizik Pav


      初心者向けのフカフカクッションサドル。ただし、フカフカすぎて衝撃が吸収され切れず、また、お尻(腰)の位置が動くのでペダリングも安定しなかった。
      ので、サドルをTIOGA SPIDERのそっくりさんの下のプラスチックサドルに交換。

 

  • TIOGA SPIDER のコピー品



    安さと軽さに惹かれ、amazonにて購入。カスタマーレビューも概ね好評価。
    プラスチックでクッション性ゼロかと思いきや、プラスチックなのですこーししなるのと、シート形状がええ感じなため、意外と長距離もいける。ただ、100kmを越えるとお尻が痛くなってくる。
    あと、お尻の位置はここってところがあるので変えれない。
    いつものヒルクライムのトレーニングと通勤にはちょうど良かったが、たまの遠乗りでのお尻の痛みに耐えかね、新たにwiggle COSINE にてサドルを新調。

 

COSINE TIロードサドル スペック(カタログ値)


  • 重量:224g
  • 長さ:275mm
  • 幅 :134mm



234gと、実重量はカタログ値より約10g重いが、この値段でのこの重量は十分軽量。

購入前の写真では、斜めの白ラインが超ダセーって思ってたが、いやいや、実際に見てみるといいアクセントになってる。