kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

ホイール購入 シマノwh6800

kappaです。

2016年の元旦から2度も落車し、しばらくは打撲の痛みと、落車の恐怖から、ロードに乗れない日々を過ごしていた。
 
乗れないローディーが考えることと言えば。。。
機材のグレードアップ(エンジンを鍛えるのが一番だということは、とりあえずおいておく。)
クライマーに、俺はなる!!

とにわかクライマーとしては、いまの完成車にアッセンブルされていたホイールが2kgあるのが、一番のネック。ホイール変えれば速くなるだろうと、日々ネットでホイール情報をあさる日々。
 
買ったのはタイトルにもある通り、shimano wh6800 ultegra 初めてのホイール交換、ネット購入、取り付け自分でするので、安心のシマノを選択。ゾンダもネットで絶賛されてるが、今回はシマノに。。。。ちょっと重いのと、チューブレスタイヤ対応のため、タイヤはめるのが大変というネガ情報もあったが。。。。。
 
 
 
で、ホイールと一緒にタイヤも高級なものに交換。
 
ミシュラン リチオン2 → コンチネンタル グランプリ 4000
 
 
で、ホイールとタイヤ交換の恩恵はというと。。。。
 
漕ぎ出しは圧倒的に楽。 完成車取り付けのホイールは発進時にフラツキかなりあったが、(なんせ、2kgもあった)シマノ wh6800ではフラツキなしで真っすぐ進める。
 
ハブの回転が良いためか?巡行速度の維持が楽 & 速度が2~3km/hほど速くなった。
 
で、肝心の上りのタイムはというと。。。。。これが全く変わらずで、ガッカリ。上り途中でのハンドリングがふらついたりしなくなったり、踏み込みの最初やダンシングの初めの一漕ぎは楽にはなったが、タイムは変わらずという。。。。。
 
精進します。
 
見た目はほんとに地味です。
 
デフォルトのホイール、ジピエンメT3のがセミディープリムでかっこいいくらいですね。
 
 
 
 
ホイール交換前
ジピエンメT3
 
 
ホイール交換後
 wh6800