kappa(カッパ) の 信貴山界隈でヒルクライム三昧

40代介護士のロードバイクライフ

kappa(カッパ)@大峯吉野ヒルクライム2019

anchor RHM9(2006) / cannondaleCAAD5(2004)
に乗っています。

2018年 リザルト
大峯吉野H.C. 224位/404人中
神河H.C. 61位/244人中

ならクル C16飛鳥御所ルート(2015.07/12)

kappaです。ならクル全ルート完全走破に向け、2015年07月12日C16飛鳥御所ルートを走ってきました。

まとめ


本来は飛鳥 → 御所 なのですが、このルートの次に横大路ルートを走る都合上、御所 → 飛鳥 方向に逆走しました。

今までのどのコースよりも走りやすかったです。

走りやすかったポイント

  • 道幅が広く、アスファルトもきれいに舗装されている。
  • 交通量がとても少ない。
  • 急な坂道がない。

スタートは、C17中将姫ルートの終点でもある櫛羅東。周りには田んぼが広がっています。牛を飼っているところもあり、けもののにおいも漂っています。

スタートからしばらくは東へ向かって進みます。昔ながらの商店街の雰囲気の漂う御所駅の商店街のアーケードをくぐる。そのまま東に進み、御所市役所を越えたところで、葛城川沿いに南下。1kmほど進んだら、左折し、東へ進んでいく。

3kmほど、県道116号線を東にすすむ。道幅広い、交通量少ない、平坦。目の前には、山がきれいに見えます。がんがんとペダルを回しすすむ。曽我川で右折し、南へ1kmほど進み、今度は県道35号線を東へ。この道も、道幅広い、交通量少ない、平坦。信号機もあまりなく、快適です。快適すぎて、ペダルを回しすぎ、疲れる。

下土佐の交差点を過ぎると、住宅地に突入。(家に帰ってからならクルマップで確認すると、高取・土佐街道であったことが分かる。どうりできれいな町並みだったはずです。)
道幅は狭くなるが、相変わらず交通量少なく、快適です。500mほど進むと、住宅地を抜けます。

また道幅が広くなる。今度は上りが登場。田んぼの中を進む。県道116号線と35号線でペダルを回しすぎたのか、ぜんぜん足が回らなくなってしまっていたので、のんびりペースで進んでいきます。

岡の交差点が終点。

ならクル、幹線ルートすべて走ったが、間違いなくベストオブならクル、幹線ルートでは、この、C16飛鳥御所ルートです。



Runtastic C16飛鳥御所ルート & Result


C16飛鳥御所ルートResult
距離 時間(一時停止) 平均速度(最大速度) 獲得標高登(下り) カロリー
13.38km 00:33.41(0:02.49) 23.84km/h(44.54km/h) 99m(90m) 353kcal

C16飛鳥御所ルート

飛鳥時代の中心地である明日香村から、城下町・商業町として栄えた古い町やが立ち並ぶ御所市の御所まちを結びます、途中では、町屋に古い雛人形が飾られる「ひなめぐり」が人気の高取・土佐街道で城下町の風情を味わえます。
C16飛鳥御所ルート概要
起終点 獲得標高 ルート延長 最大標高差
飛鳥 → 御所 上り:100m 下り:108m 約14km 59m

ルートラボ ならクル 飛鳥御所ルート(C-16)

C16飛鳥御所ルート写真ギャラリー


今回は逆走なので、御所の終点からスタート。櫛羅東の交差点よりスタート


見渡す限り、平坦、まっ平ら


御所駅近くの商店街のアーケードをくぐります



御所市役所を右折、葛城川沿いを南に1kmほど下り、豊年橋を左折する。左折したら、ひたすら平坦な道がつづきます。
ここで道を間違えて、左折して北に少し進んでしまったが、ナビをみて修正。



平坦。ペダル回し放題、信号もあまりなく、限界までまわすが、35km/hを6分ほどまわすのが精一杯。



高取・土佐街道と思われる、古い町並み



高取・土佐街道と思われる、古い町並みを過ぎると、再び走りやすい道がつづきます。上りも出てきますが、やはり交通量が少なく快適にすすめる


始点の "岡" 交差点にて。(今回は逆走のため、始点でゴールしてます。)





今回の始点、 "岡" 交差点のすぐ近くに、石舞台の古墳があったので言ってみる。見学8時半からとのことで、見学で傷でしたが、周りの風景がとてもよかったので、まあよしとしましょう。